A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

アコムの申し込みをキャンセルしたい!と思ったときに間に合うケース・間に合わないケース

アコムの申し込みをキャンセルしたいと思った場合、間に合うケースと間に合わないケースの二つがあります。まずアコム金利申し込みを取り消すことができる間に合うケースについてですが、これはまだカードが発行されていない段階となります。例えばまだ審査の途中で結果が出ていない、審査の結果は出たがまだカードの発行が終わっていないといった段階であれば、アコムに連絡すれば問題なく申し込みを取り消すことは可能です。取り消したとしても信用情報に申込みの履歴は残ってしまいますが、どうしても契約をしたくなくなったということであればアコムに相談してみると良いでしょう。逆に申し込みキャンセルが出来ないケースについてですが、これはカードが発行された後が該当します。カードが発行された場合にはアコム側で既に契約の処理が完了してしまっているわけですから、カードが届いた後で申し込みそのものをキャンセルしたいといっても不可能なわけです。と言っても、これは「一度契約したら解約できない」と言うことではなく、あくまでも申し込みの取り消しが出来ないと言うだけの話に過ぎません。もし契約をした後で借入をする必要が無くなったなどのことであれば、アコム側に連絡して契約解除の手続きを行ってもらえば問題なく契約を解除することは可能です。ただせっかく契約できたのであれば、とりあえず持っておいて本当に不要だと思った時に解約するというのでも良いでしょう。持っていればお金が必要になった時にすぐ借りられますし、そもそも年会費などがかかるような物でもありません。もしどうしても解約したいということであればそれはそれで良いのですが、契約を継続することも少し考えてみることをおすすめします。

消費者金融の利息ってどうやって計算する?

利息の計算方法とは?

利息とは、元本に対する金利率をかけた場合の手数料のことです。ようは消費者金融の儲け分(借金返済の時の上乗せ分)ということですが、どうやって利息を計算したら良いでしょうか?多くの人は10万~100万のゾーンで消費者金融審査緩い借入をすると思いますが、多くの消費者金融は、100万を超えない利用限度額の場合、その金利を約18%(実質年率)に設定します。18%以上にはなりません。利息制限法で「10万以上100万未満の貸付の場合は上限金利が18%を超えてはいけない」と決まっているからです。ただし10万未満の場合は上限金利が20%になります。もちろん利用実績や限度額によってはこれより低くなることもあります。便宜的にここでは金利18%とで計算してみましょう。仮に今50万円を借りたとしましょう。そうすると1年で18%の金利なので1日当たりの利率は365日で割った数字になります。細かいので逐一計算しませんがだいたい0.0493%ほどです。ではこれを100日間で完済したとします。そうすると利息は、50万円(元本)×0.18(18%)÷365(日)×100(日間)となります。そうすると利息は24,657円ほどになります。今度は50日間で返したとしましょう。そうすると計算式は50万円×0.18÷365×50となり、利息は12,328円となります。返済期間が半分になったので、利息もさきほどの約半分となりました。このように同じ金額を借りたとしても、返済期間が短ければ上乗せして払う分は少ないので、返済はできるだけ早くしたほうが良いということです。